顎ニキビ ストレス

ストレスがニキビの原因に!?顎ニキビの原因をチェック!

 

ストレス

 

ストレスは体にも心にも不調をもたらします。

 

ニキビもストレスが原因でできることがあります。

 

 

ストレスは体を緊張状態にします。

 

緊張すると自律神経の交感神経が優位に働きます。

 

 

交感神経には男性ホルモンの分泌を促す働きがあり、交感神経が優位な状態が続くと、男性ホルモンの分泌が活発になります。

 

男性ホルモンには皮脂分泌を活発にしたり、角質を厚くする働きがあります。

 

 

厚くなった角質で毛穴がふさがれている状態で皮脂が活発に分泌されれば、毛穴がつまってしまいます。そして、ニキビができます。

 

 

男性ホルモンは女性も卵巣から分泌しています。

 

女性の場合は分泌量が男性の10分の1程度です。

 

 

わずかな量ですが、分泌量が増えればニキビに影響がでます。

 

ストレスはストレスホルモンも増やします。

 

ストレスを感じたときに分泌されるホルモンがコルチゾールやアドレナリンです。

 

 

コルチゾールはストレスに対抗する働きがあり、ストレスを感じると分泌が増えます。

 

男性ホルモンを刺激する働きがあるので、男性ホルモンの分泌が増えて、ニキビの原因になります。

 

ストレスが原因のニキビは、ストレス対策が大切です。

 

 

しかし、人間関係、仕事、家族など現代にはさまざまなストレスがあふれていて、なくすことはできません。

 

そのため、上手に対処することがストレスを和らげてニキビを防ぐことにつながります。

 

 

ストレスは知らず知らずのうちにたまり、ある日突然不調につながることがあるので、その日のうちにストレスを解消するようにしましょう。

 

5分でもいいので自分だけの時間を持つことでリラックスできます。

 

 

好きなことをするのもストレスの解消になります。

 

ストレス解消というとカラオケやレジャーなどアクティブなものをイメージするかもしれませんが、アクティブなものが向いている人もいれば、家で静かに過ごすことが向いている人もいます。

 

人それぞれストレス解消方法は違うので、カラオケ、読書、音楽、散歩など好きなことをしてみてください。